おすすめ記事はこちら

ペット(動物)介護士の給料・年収は?将来性や独立・開業まで徹底解説【2022年版】

ペット(動物)介護士の給料・年収は?将来性や独立・開業まで徹底解説【2022年版】

ペット(動物)介護士の給料や年収ってどのくらいなの?将来性や目指して良いのか、詳しく知りたいな。

動物のケアや健康管理・食生活など、幅広いスキルを活用してお世話をするペット(動物)介護士。大好きな動物に囲まれた仕事は、やり甲斐がありますよね。

とはいえ、給料や年収をよく考えてから決めたいと悩む方が多いでしょう。

そこで本記事では、ペット(動物)介護士の給料や年収の目安を詳しく紹介しています。仕事を目指している場合は、将来性を考えながらチェックしてみてください!

動物介護士資格のおすすめ!
  • 分かりやすい教材でサクサク勉強できる
  • 映像講義が充実してイメージできる
  • 動物介護の実践スキルが身につく
  • スキマ時間だけで十分な通信講座
  • ネット申し込みなら1万円割引キャンペーン

10,000円割引はこちらから

動物介護士&動物介護ホーム施設責任者
今すぐみてみる

無料詳しい資料はこちらから

ペット介護士のおすすめ通信講座はこちら

動物介護士資格の通信おすすめ5選!ペット介護士との違いまで徹底解説【2022年版】動物介護士資格の通信おすすめ5選!ペット介護士との違いまで徹底解説【2022年版】

ペット(動物)介護士の給料や年収を詳しく紹介

  1. 正社員又は契約社員として働く
  2. アルバイトやパートとして働く

ペット(動物)介護士は、大きく分けて2種類の働き方があります。いずれも共通して、資格の取得は必須ではないケースが多いですが、給料は異なるので目指す前に確認しましょう。

雇用(正社員又は契約社員)の給料・年収

  • 給料:13〜20万円程度
  • 年収:150〜240万円程度

ペット(動物)介護士は、正社員や契約社員として働くことが可能です。安定的に固定の給料がもらえる一方で、決して高い収入が入るわけではないので注意しましょう。

具体的には、動物に関わる仕事に就きたい上に安定した固定給をもらいたい方におすすめです。

毎月固定の給料が入るメリットがありますが、専門職の給料としては決して高いわけではありません。地域や募集内容によって異なりますが、求人情報は必ずチェックしましょう。

メリット
  • 大好きな動物に囲まれて仕事ができる
  • 毎月固定の安定的な給料が入る
  • 出来高制度が少なく、減給するリスクが少ない
デメリット
  • 決して高い給料・年収をもらえるわけではない
  • 手当やボーナスは募集団体で異なる
  • 昇給やキャリアアップが限定的になっている

アルバイトやパートの時給・給料

  • 時給:800〜1200円程度
  • 勤務:シフト制(早番・遅番)

ペット(動物)介護士の大半は、アルバイトやパートになります。エリアによって時給の差がありますが、800〜1200円の間が一般的には多いです。

基本的には早番と遅番の2交代で、生活のリズムに合わせて選択できるシフト制を導入しています。

大好きな動物に囲まれて、決して低くはない給料がもらえるのでアルバイトやパートはおすすめです。人気の仕事なので、求人募集が出たら早めに応募した方が理想の働き方ができますよ!

メリット
  • 生活リズムに合った働き方ができる
  • 地域や募集によっては給料が高いケースあり
  • 大好きな動物に囲まれた仕事ができる
デメリット
  • 求人募集があってもすぐに埋まりやすい
  • アルバイトやパートの募集が珍しい
  • 仕事によっては激務になる場合もある

ペット(動物)介護士が独立・開業した場合の給料や年収

ペット(動物)介護士は、就職するだけでなく独立や開業もできる専門職です。一方で、職種によっては不安定な収入から生活が厳しくなってしまう可能性があります。

せっかく独立・開業しても、挫折する可能性があります。働き方や給料面をよく考えてから、目指した方が将来的にも良いですね。

自らペットサロン等を開業した給料や年収

前提として、ペット(動物)介護士のみのスペシャリストとして独立・開業は難しいです。理由は、ペットサロン等の職場内で必要になるスキルだからです。

つまり、ペット(動物)介護士だけの専門職として独立・開業は現実的ではなく、トリマーやペットシッターなどのスキルと併用して活動していくことが無難になるでしょう。

ペットサロンの開業をすると、トリミングやブリーダースキルなど幅広いスキルが必要になります。動物に関するあらゆるスキルが必要になりますよ!

トリマー資格のおすすめ通信講座はこちら

トリマー資格の通信おすすめ8選!最短で目指せるトリミング講座・スクール【2022年最新】トリマー資格の通信おすすめ8選!最短で目指せるトリミング講座・スクール【2022年最新】

ペット(動物)介護士のフリーランスとして活動する給料や年収

ペット(動物)介護士は、フリーランスも同様に不安定な収入になる可能性が高いので専属での活動はおすすめしません。動物に関するあらゆる専門スキルを目指すことが大切です。

動物に関する資格を目指そう

動物に関連する資格は、トリマー・ペット看護師・ブリーダーなど種類が豊富にあります。複数の専門資格を目指すことで、幅広い状況で活躍する専門家を目指せるでしょう。

ペット(動物)介護士の将来性や今後の需要

2019年度のペット関連総市場規模は、小売金額(末端金額)ベースで前年度比101.7%の1兆5,705億円と推計した。参入各社による高付加価値商品や猫向け商品の投入、 また、新型コロナウイルス感染拡大による外出自粛で、ペットシーツや猫砂などの消耗品を中心に家庭内在庫確保の需要が拡大したことにより、微増となった。

矢野経済研究所

ペット(動物)介護士は、将来的にも需要が高まる予測ができます。矢野経済研究所の調査によると、在宅での過ごす時間が長くなったことでペットの飼育をはじめる割合が増えています。

ペットの飼育に需要が高まるということは、ペットの加齢と共に介護スキルは必要不可欠になると言えるでしょう。

  • ペット産業の需要は年々右肩上がり
  • ペットの飼育をはじめる割合が増える
  • 加齢と共に介護士スキルは重宝される

ペット産業全体の需要が伸びれば、ペット(動物)介護士の仕事も必然的に増えます。現状の給料は決して高くないですが、将来的には上がる可能性も十分にありますよ!

即戦力のペット(動物)介護士を目指すなら通信講座がおすすめ!

ペット(動物)介護士は民間資格になりますが、即戦力としてのスキルを身につけるためには通信講座での勉強がおすすめです。最短ルートで専門資格を目指せるでしょう。

順位通信講座カリキュラム受講料(税込)
第1位動物介護士&
動物介護ホーム施設責任者
50,600円
(ネット割引)
第2位ペット介護士39,900円
第3位動物看護介護80,300円〜
第4位老犬介護士養成専門77,000円
第5位ドッグヘルパー44,000円
メリット
  • 正しい知識を最短ルートで理解できる
  • ペット(動物)介護士の資格を取得できる
  • 質問や添削をして、疑問を解消できる
  • スキマ時間にサクサク勉強可能
  • 初心者でも専門職を目指せる内容が豊富
デメリット
  • 独学よりもコストがかかる
  • 通信講座の好みが分かれる
  • スクーリングが限られている

あなたの生活リズムに合わせて、無理のないペースでペット(動物)介護士を目指せます。資格取得後は、即戦力として活躍できますよ!

ペット介護士のおすすめ通信講座はこちら

動物介護士資格の通信おすすめ5選!ペット介護士との違いまで徹底解説【2022年版】動物介護士資格の通信おすすめ5選!ペット介護士との違いまで徹底解説【2022年版】

※本記事で紹介している料金は全て税込み価格です。
※最新情報は公式サイトでご確認ください。